February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

福井県産 手造りメガネフレーム「クロバー」

クロバ−は昭和天皇メガネフレームを作っていることでも有名なメガネブランドのひとつ。 
フレーム造りには職人が材料を徹頭徹尾吟味し、約300の工程を経てひとつひとつ丁寧に仕上げ、完成するまでに丸4日間もかかるそうです。
その完成度の高さはまさに芸術品。かけ心地だけでなく、細部にわたり職人のきめ細やかな技とこだわりが凝縮された逸品です。


Classico-F
キレイなボストン系のレンズシェイプ。
カジュアルでもフォーマルでも・・・ 

Classico-U
フェミニンなレンズシェイプにサイドの
手彫りがアクセントになっている

FT980
堅牢なスタイルのビジネスタイプ。

遠近両用〜境目のあるタイプ(EXタイプ)

ex
もっとも機能を優先させた境目のある遠近両用(EXタイプ)です。
真ん中でスパッと遠方視用と手元用に分かれているので、遠くのものと
近くのものを頻繁に交互に見られる方や、手元の視野を広めに取りたい型などに最適のレンズです。
ただ、フレームの大きさや形状によっては加工できない場合ありますので
そのときは、下の写真のように小玉が大きいタイプ(バイフォーカルB45タイプ)がおススメです。
B45

遠近両用〜境目のあるタイプ(シームレスタイプ)

下の写真のレンズも境目のあるタイプの遠近両用のひとつです。
バイフォーカル・シームレスタイプ
境目の部分が滑らかに作られていてなおかつ、丸いので
写真に写すと境界線がわかりにくくなるほどです。
シームレス
境目のあるタイプの中では小玉(手元を見る部分)が小さいため手元を重視される方にはあまり向いていません。(ファッション性を重視される方に最適です)

遠近両用〜境目のあるタイプ

今、遠近両用といえば境目のないタイプ(バリラックスタイプ)が
主流ですが、境目のないタイプはひとつのレンズにいくつもの度数を
重ね合わせているため、遠くから近くへの視線移動、水平方向への視線移動の際にゆれ、歪みが生じてしまいます。
最近のタイプはこのゆれ、歪みを軽減したものが数多く発売されていますが、それでもやはりなれない方はいらっしゃいます。
そんなかたにオススメの遠近両用が境目のあるタイプ(バイフォーカル)です。
a28
二重焦点(2つの度数がひとつのレンズに入っているタイプ)ですのでゆれ、歪みはほとんど感じません。
このタイプが境目のあるタイプの中で一番スタンダードなモデルです。
あと何種類かありますのでそれはまた後日・・・

謹賀新年

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。



<<back|<195196197198199200201202203204>|next>>
pagetop