June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ミリタリー系コーディネイトにいかが?

ミリタリー系のファッションに合わせるメガネと言うとガンメタ系かアースカラーのフレームを主に提案してきましたが、
アクセルが出してきたカラーはカジュアルはもちろん、ミリタリー系のファッションにも合わせていただくとGOODなフレームに仕上がってます。

全体的にグレイッシュなイメージですがブロー部分に柄をあしらったり、全体的な引き締め効果を出すためサイドの部分は黒を配置してます。


色使いが少々アバンギャルドな感じですが、顔に乗せてみると意外となじみます(あくまでも主観ですので、一度手にとってかけていただければと思ってます)

紫外線などから目を守るレンズ〜ICメラニーナ

眼球に悪影響を及ぼすのは紫外線だけではなく、可視光線の中のブルーライトも網膜にダメージを与え、黄斑変性症などを引き起こす要因になります。
I.C.メラニーナは、人体内部の、有害光線を吸収する機能を持つメラニン色素を人工的に組成し、これらの素材に練り込む事で自然な視界を損なうことなく有害光線から目を守る、画期的なサングラスレンズです。

カラーは全部で8色。度付きは出来ませんがスイッチマグ加工可能ですので、今、使っているメガネに付けることができます。

紫外線から目を守るサングラス&帽子

5月に入ってから比較的いい天気の日が多く、まぶしい陽差しが初夏を思わせます。

目の紫外線対策してますか?
白内障等の眼病の原因の一部とされている紫外線は世界的なオゾンの減少により増加が懸念されています。

紫外線カットのサングラス(又はメガネ)をかけると目の紫外線吸収量を約8割カットすることができると言われています。
帽子と合わせてかけていただくと更に紫外線をカットできます。
※サングラスは出来るだけ顔に添ったスポーツタイプ等が、帽子はつばが広いタイプが理想的。

特に紫外線の量が多くなる夏場の外出にはサングラス、帽子をお忘れなく!

近視の方にオススメ★目の調節力を補うレンズ

近視のメガネをかけたままパソコンや携帯電話を長時間見ていると目が疲れた・・・なんて事ありませんか

遠くに焦点を合わせて作ったメガネで近くを見ると目の筋肉には負担がかかります。
調整力を補って、筋肉の緊張を和らげるレンズがあります。
レンズ下部に、近くを快適に見るための度数が入っている累進技術を応用した新しいタイプの常用レンズです。


東海光学「ベルーナ サプリ
ニコン「リラクシー
HOYA「リマーク

メーカーのよって設計や調節力を補うパワーが違うので
テストレンズで比べながら、選択するのがベストです。

★店頭でそれぞれのテストレンズで体験できます★

Transitions(トランジションズ)〜調光レンズ

紫外線の量によってレンズの濃度が変わるレンズ・・・調光レンズ(フォトクロミックレンズ)

トランジションズは全米検眼協会や世界検眼協会から紫外線吸収/遮断レンズとして公認されている調光レンズ(フォトクロミックレンズ)。

下の写真、左は室内での状態、右は屋外(外気温25度程度、快晴時)で太陽光を1分間浴びた状態です。



度付き可能。遠近両用はもちろん、ハイカーブレンズもラインアップしてます。
<<back|<174175176177178179180181182183>|next>>
pagetop